サービス内容
 

こころから「豊か」を感じて頂くことが私たちの使命です。

癒しの空間、理学療法士による最新の個別リハビリで「ここを選んで本当によかった」
と言って頂くことが私たちの願いです。

ダイニング&リハステーション稀(まれ)では「からだ」と「こころ」のリハビリを同時に行い
ご利用者様の目標や想いを実現するようサポートいたします。
介護度の高い方、認知症の方、どなた様でも安心してご利用できる様、
整った設備をご用意しさまざまなニーズにお応えできるよう努めてまいります。

  • 食
    「食べる」=「生きる」 まるでレストランに来たような感覚で、季節を味わえ、栄養バランスの整ったお料理をお値打ちな料金でご提供いたします。栄養面は、大学の栄養学講師の協力のもと、万全の態勢で皆様をお迎えします。随時、口腔ケア・嚥下機能向上・予防も行います。
  • 個
    最新のリハビリテーション 専属の理学療法士が利用者様の状態を分析、オーダーメイドの個別リハビリメニューを作成、指導させていただきます。最先端機能訓練機器・デジタルミラーを導入しており、様々な機能向上トレーニングが可能。また身体測定結果の管理・比較を「わかりやすく・詳しく」お伝えします。
  • 癒
    「こころ」のリハビリ ゆったりとした大浴場、アロマオイルを使ったハンドマッサージなど心のリハビリもお楽しみいただきます。また特殊浴槽(ユニバス)もご用意し、午前、午後の時間帯どちらもご入浴いただけます。

食事リハビリ

高齢者の約8割が低栄養状態であると言われています。
稀では「食べる」=「生きる」を基軸にご利用者さまに合せたプログラムの提案をいたします

ご利用者様の栄養スクリーニングを行い、嚥下訓練、口腔チェックを行いながら
栄養士の作成したメニューを、まるでレストランで食事をしているような空間で召し上がっていただきます。
「食べる楽しみ」を「生きる喜び」と感じて頂けるようアイデア満載でおもてなしさせて頂きます。
また、日替わりメニューは大学の管理栄養士が監修しており「安全」「安心」もご提供いたします。

  • 栄養士 明田菜穂栄養士 明田菜穂
    一食20品目以上を目標にバランスの取れたお食事を提供できるよう努めています。
    ご利用者様に満足いただけるよう、心を込めて調理いたします。

「稀」の食事リハの目的

  • リハ栄養の考え方を導入
    リハ栄養の考え方を導入
    リハ施設に来られる方の約半数は低栄養状態です。低栄養状態での運動リハは逆効果の時があります。
  • 栄養評価(MNA評価)で栄養状態を把握
    栄養評価(MNA評価)で栄養状態を把握
    栄養評価(MNA評価)を行い、利用者様の栄養状態を把握し、その上で適切な栄養と量の食事を提供いたします。口腔ケア、嚥下状態改善及び予防指導も行います。
  • 運動リハを行う
    運動リハを行う
    栄養状態の改善と同時に、利用者一人一人の身体状況に合った運動リハを行います。

【管理する】食事リハの中心 リハ栄養とは

【管理する】食事リハの中心 リハ栄養とは

リハ栄養とは栄養状態も含め簡易栄養状態評価(MNA評価)などの、栄養アセンスメントを行った上で、障碍者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことです。
低栄養の利用者に栄養を考えずに運動リハだけ行っても、十分な効果が得られないこともあります。

【低栄養の原因】高齢者には特に③が多いのが特徴です。

【把握する】栄養状態を把握するために 簡易栄養状態評価表(MNA評価)を取り入れる

【把握する】栄養状態を把握するために 簡易栄養状態評価表(MNA評価)を取り入れる

栄養アセスメントで導き出された問題点をもとに、栄養状態を改善する栄養介入をします。リスクを回避する判断をおこなうことで、さまざまな合併症を防止し、予後を改善できる可能性があります。高齢者のケアをおこなうすべての職種に携わる人が、栄養アセスメントの重要性を理解し、適切な栄養アセスメントをおこなうことがきわめて重要です。
イメージ写真

簡易栄養状態評価表

運動リハビリ

デジタルミラー

毎日、楽しく続けられるリハビリの新スタイル デジタルミラー導入

デジタルミラーは、ご利用者様の体力を維持するためのリハビリをサポートします。
本格的な運動からゲーム感覚で楽しめる豊富なコンテンツを搭載。
測定メニューも取り揃えているので、今の状態や数値をグラフ、写真で実感することができます。

  • 理学療法士 島野泰成理学療法士 島野泰成
    最新の測定機器(デジタルミラー)を用いて、個々にリハビリプログラムを組ませて頂きます。稀にお越し頂くすべてのご利用者様がいつも笑顔でいれるよう頑張ります。
  • 理学療法士 来田道代理学療法士 来田道代
    おひとりおひとりが今より少しでも充実した毎日を過ごして頂けるよう、痛みや動きにくさなどに対して細やかに対応させて頂きます。

【測れる 撮れる】測定結果を記録できる 毎月の効果を確認しながらリハビリができる

【測れる 撮れる】測定結果を記録できる 毎月の効果を確認しながらリハビリができる

リハビリ現場で使用される6つの測定項目を定量的に計測し、測定結果を保存できます。
また内蔵カメラにより正面の映像を撮影し、保存することもできます

  • 開眼片足立ち
  • ファンクショナルリーチ
  • Timed Up & Go
  • 重心軌跡長
  • 可動域測定
  • 傾き測定(水平・垂直)
  • 記録
  • 撮影(カメラ)

【比較ができる】リハビリ前後の比較ができる ご本人のモチベーションアップにつながる

【比較ができる】リハビリ前後の比較ができる ご本人のモチベーションアップにつながる

測定結果や撮影した画像データ、使用履歴などを、個人別に記録・管理し、測定結果のグラフ表示や、リハビリ前後の画像データ比較ができます。

取り組み前後の比較
リハビリ前・リハビリ後 イメージ写真
データをグラフ等で表示
イメージ写真
データを個人別に保存・管理できる
イメージ写真
イメージ画像
測定結果や撮影した画像、データなどは、印刷することができます。

【支える 鍛える】基礎体力の維持・向上 リハビリマシン

【支える 鍛える】基礎体力の維持・向上 リハビリマシン

マシンスペースでは体力を構成する要素である、筋力、柔軟性、バランス能力を包括的にトレーニングします。
特に、生活を行う上で基本となる下半身の強化につながるマシンを中心に設置しております。

イメージ写真

カードリーダーにより、利用者様の運動履歴を自動的に読み取ることができます。
カードリーダーによって負荷や回数を記録し、そのデータをパソコンで管理することで、運動効果の判定や運動プログラムの実施が効率的に行えます。

  • レッグプレス
    レッグプレス
    下肢筋全般の筋肉を強化し、立ち上がる、座る、しゃがむ、歩く等の動作、日常生活に必要な筋力を強化します。足を固定しシートが可動する構造により、実際の動作により近い運動が行えます。
  • レッグエクステンション
    レッグエクステンション
    高齢者には膝関節の可動域が狭くなっている場合が多く見られます。運動することにより、大腿四頭筋、特に内側広筋を強化し、可動域拡大により歩幅が広がり膝が安定し、階段の上り下りもスムーズになります。
  • ローイング
    ローイング
    広背筋、菱形筋を強化して、高齢者特有の円背(猫背)を予防・改善します。
  • ニューステップ
    ニューステップ
    高齢者や車いすの方でも移乗が容易に、無理のない姿勢で運動できます。全身の有酸素運動と無酸素運動が極めて安全に行えるマシンです。
  • エアロバイク
    エアロバイク
    持久力を向上させる有酸素運動マシン。日常の生活での疲労も断然違ってきます。おひとりおひとりに合わせてコース設定が可能です。

無料体験受付中

このページのトップへ